FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PDCAサイクル

本日は、八尾市の不動産会社のK社様へ朝から浅井と阪本、私とで訪問です。


本日は、トップページデザイン案と、それに伴うキャッチコピーの提案です。

まずは、浅井のトップページ案から提案です。

提案では、

A案 オーソドックスなレイアウトでかっちりとした安定感のあるデザイン
B案 オールFlashで動きのある見た目に「おっ!」と思わせるようなデザイン

の2案をお持ちしました。

ターゲットとA案、B案それぞれのデザインコンセプトを提案すると、弊社もおしていたB案に。

ただ、B案といっても、「目的の優先順位」が前後しており、それに伴いアピールするコンテンツを入れ替えです。

「目的」や「目的の優先順位」が違うと、その「目的」を実現するための「手段」である「デザイン」は当たり前ですが、変わってきます。

修正したうえで再度ご提案です!



多くの社長様の場合、制作は現場の担当者に任せきりで、ホームページの「ホ」の字も知らない方が多いです。

しかし、ホームページは会社のコンセプトを発表する場です。コンセプトを最も理解しているのは社長様。

その社長様が参加されないのは成功しないホームページの典型です。

今回は、T社長様が積極的にご参加いただき、事前に競合他社調査などさまざまな知識を仕入れられて、意見をどんどんおっしゃっていただけます。

本当にありがたいことです。


成果の出るホームページにすべくがんばります!



ホンダの遺伝子―受け継がれる創業者・本田宗一郎の精神ホンダの遺伝子―受け継がれる創業者・本田宗一郎の精神
(2003/02)
坂崎 善之

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 専務ブログ - ジャンル : ビジネス

新しい取り組みをどんどんと!

本日も元気にお仕事です。

朝はだいぶ涼しくなってきました。秋めいてきましたね。

暑さがやわらぎうれしい反面、秋というとなんだかさみしい気もします。


仕事にいそしんでおりますと、となりで取締役の長谷川と、2年目の井上が、B社様の件でLPOツールの導入のため、ツール設定を行っていました。

20080823013212


エクストでは、お客様の創客のため自社のツール開発も行いますが、優良な他社様の有料・無料のツールを駆使しています。

今回は、Googleのウェブサイトオプティマイザーの導入のために2人でいろいろと確認しながら導入を行っていました。

Googleによると

ウェブサイト オプティマイザーは、Google の無料のウェブサイト テスト ツールおよび最適化ツールで、費用を一切払わずに、既存のウェブサイトの価値とトラフィックを高めることができます。マーケティングの初心者であれ専門家であれ、ウェブサイト オプティマイザーを使ってサイト コンテンツやデザインをテストし最適化すると、収益と投資収益率をすぐに改善することができます。


というツールです。

個人的には試したりしていたのですが、今回弊社のCMS「EXBUILDER」(エクスビルダー)に搭載して最適化を行うということで、新しい取り組みです。

ウェブサイトオプティマイザーなどのツールにより、経験や勘ではなく、実際にさまざまなパターンを自動的に表示し、アクセス解析レポートの数字を元に、分析した結果をデザインにフィードバックします。

こういった仮説→検証を繰り返すことで、初めて成果の出るサイトになります。


お客様の成果のためにがんばります!

導線と動線

本日も企画会議です。

企画会議をしていると、「どうせん」という言葉がかかれていました。

ネットで言うところの「どうせん」とは

・導線
・動線

があると思います。

意味はなんとなくわかるのですが、調べてみました。

導線と動線を意識して使い分けていないサイトも多くありましたが、皆さんおおよそ以下のようなものと使い分けています。

・導線・・・サイトがもつユーザを導く線。
・動線・・・ユーザの動きのこと。


ですので、サイト設計で「どうせん」といえば「導線」。

サイト内でのユーザーの「どうせん」といえば「動線」。


つまり、「動線」を「導線」に誘導するということですね。



ところで、今回弊社の北田が誕生日を迎えました!

本当は18日なのですが、イベントの関係で19日に祝うことに。

北田君写真

途中でお母様からのお手紙とミュージックで涙を誘う場面も・・・。

非常によいバースデイイベントになりました。



北田君おめでとう!

お盆明け

本日はお盆休み明けの初出社です。

お盆休みをあけましたが、私の生活はほとんど変わらずです。

お盆休み前に書きましたが、本を読むことを目標にしていましたが、結果は・・・全部読み切れませんでした。

代わりに、携帯電話のマニュアルを1日かけて読み、パソコンのOSをクリーンインストールに時間を費やしました。

携帯電話は、みんなに「古い!」とバカにされて、はや3年。やっと変えましたよ。

理由は、先日もブログに書いたのですが、東京事務所がいよいよオープン。

東京での営業を考えると、方向音痴で地理がわからない私としては、携帯のGPSに頼るしか、お客様のところにたどりつける方法がなかったからです。

必要にかられて買いました(^^;

こういう機会がないと私はかわないでしょうね。



また、いつも使っているVistaのノートパソコンですが、最近はワードやパワーポイントが頻度に落ちてしまい、仕事にならないということでクリーンインストール。

昔は、OSのインストールというと大変だったのですが、いまやリカバリーディスクで簡単インストールです。

ただ、昔と違って容量が大きいので、バックアップする装置も容量が大きくないといけません。

最初は、シリコンディスクのSHD-U32GSを考えたのですが、口コミ情報を見るとあまり速度がでない・・・。

USBメモリより一回り大きいぐらいで、32G入るということで、魅力的だったのですが。惜しい。


そこで、HD-PSG500U2-WHを通販で購入。

翌日には届いたので、それを使ったバックアップ、各種ソフトをインストール。

それをしながら、待ち時間に本を読むというお盆でした。

どうみても不健康。


ただ、自分自身はいろいろt満足なお盆休みでした。




さあ、がんばるぞ!


フラット化する世界 [増補改訂版] (下)フラット化する世界 [増補改訂版] (下)
(2008/01/19)
トーマス フリードマン

商品詳細を見る

テーマ : 専務ブログ - ジャンル : ビジネス

夜の総務財務会議。

明日の13日からお盆休み。

お盆休みの計画は、日頃できないことをしっかりやろうと思っています。

その1つが本を読むということです。

相当毎日本を読んでいるのですが、今回の本は分厚いです。

マーケティングの神様であるコトラーの本なのですが、おおよそ1000ページにもわたるものです!

まとめて読まないとなかなか理解できない私なので、こういった機会を利用して前から読みたいと思っていた本を読みたいと思います。

コトラー以外にも5冊。全部で3000ページ。

ちょっと多すぎですね。よめるかなぁ。



仕事も終わり、私はいつものごとく私がグループマネージャをしている、総務・財務グループの樋上と、クリエイティブグループの残っているメンバーに「もう帰るけど、大丈夫?」と声をかけています。

作業の進捗を確認することと、朝礼以外で1日まったく話さないメンバーもいるのでコミュニケーションをかねて行っています。

その時に樋上が弥生販売の回収状況一覧表と格闘していました。

エクストでは、弥生販売を利用して、見積書や売上伝票、請求書の発行を行っています。

今年度から、回収状況一覧表を作成し、しっかりと回収状況を把握し、キャッシュフロー管理の強化を考えています。

しかし、回収状況一覧表の数字をまず現状と合わせるというのが難しいんですね。

私は、弥生販売のサポートセンターで約3年半サポートしていました。

その中で回収状況一覧表について聞かれたことはないです。

1日約40件ほど電話をとることを考えると、たくさんのお客様をサポートしたのですが、それでもありません。

ということは、ほとんど使われていないということです。

なぜなら

操作や集計した数字を理解するのに難しい

という単純な理由、というか致命的です・・・。

そういう回収状況一覧表なので、樋上が手こずるのも当然です。

1つ1つ樋上と確認して修正をしていきます。

するともう夜の10時を過ぎている。

思えば、樋上は総務や、財務、あと、人事など幅広い仕事を担当していつも仕事がいっぱいです。

私からだけでなく、社長の高畑からもどんどん仕事の依頼が来ます。

それをすべてこなしている樋上はほんと大した人です。


樋上さん、いつもありがとー!




フラット化する世界 [増補改訂版] (上)フラット化する世界 [増補改訂版] (上)
(2008/01/19)
トーマス フリードマン

商品詳細を見る

テーマ : 専務ブログ - ジャンル : ビジネス

2人にエールを。

毎日の仕事のほどんとは、プロジェクトを進めるための会議です。


1年目の阪本は私に付いて一緒に企画を立ててもらい、プロジェクトの進行をしてもらっています。

阪本は、物怖じしないタイプで、私は内心「1人でできるかな?」と思っていることも、何とか形にしてきます。

今日も、突然の依頼から見積もりをぱぱっと作り、12時までに提出に間に合わせることができました。

阪本、がんばっています。



お昼からは、K社様のトップページ案について、浅井、阪本と私とで会議です。

今回のK社様の件では、お客さまからのご要望により作ったAパターンと、浅井の考える最もよいと思うBパターンを浅井から説明していただきました。

先日のブログにも書いたのですが、デザイナーといえども、お客様に自分のデザインを伝えるために、なぜそういうデザインになったのかという理論と、それと伝えるための表現が巧みでないといけません。

今回浅井には、自分の思っている最もよいものを作ってみなさいと私から課題を与えられ、夜遅くまで残り一生懸命にトップページを作成してきました。

以前に、私は浅井のデザインに対して「そんなんじゃあ、ウェブデザイナーをやめなさい!」ときつく伝えこともあります。

本当に悔しかったことと思いますが、これも人財育成です。

今回どういうものが出てくるか楽しみだったのですが、A案、B案ともクオリティとしては非常に良いものが提出されました。

理論の部分はまだまですが、お客様のプレゼンまでに準備です!

会議では、ぜひB案をおそう!と3人の意見が一致したのですが、浅井がうれしそうだったのが私も本当にうれしいです。

今回、見せ方としてエクストとしては今までやっていない新しい技術も使うので大変です。

技術担当取締役の長谷川にも相談したのですが、新もの好きの長谷川も「ぜひ手伝いますよ。いままと同じものなら手伝う気はないですが。」と一言。

お客様の創客のため



がんばれ浅井君!


テーマ : 専務ブログ - ジャンル : ビジネス

予算会議

本日はお昼から小幡と予算会議。

エクストでも他社と同じように、予算があり、売上目標がありますが、各グループごと、サービスごとに売上目標を立てています。

8月から始まった新年度について小幡のバリューシェアグループと協議です。

今年の売上目標について、社長の高畑から通達があったので、それをいかに実行するか、現状の課題の確認と、行動計画について検討です。

課題はたくさん見えてきますが、課題を分析し、克服していなくてはいけません。

小幡といろいろとディスカッションしながら、さまざまなことを話し合いました。

まだまだ計画の詳細を詰める必要がありますね。

今年度から東京事務所がオープンしたことにより、関東のお客様のサポートが今よりもさらに早くなります。

お客様にお役立ちすることにより、もっと喜んでいただけるようがんばります!



企画を考えていると、さまざまなアイディアが浮かびます。

その中でさまざまな心理学的な要素があります。

ちょっとそれをまとめていきたいと思います。


■両面提示と片面提示

両面提示とは、メリットとデメリットの両方を提示して意思決定させる方法です。

片面提示とは、メリットのみを強調して、意思決定させる方法です。

テレビショッピングなどで「このテレビは、高いけど画質が良くて音がよい」という風に利用されていますよね。

片面提示は、問題に対する元々の態度や考え方が、説得の方向性と一致する場合は、片面提示がよいとされており、違う場合は、両面提示がよいとされています。

また、両面提示は、高い教育を受けた人、片面提示にはその逆の人に効果があるとされています。



サイトで応用すると、「商品サービス」ページの説明については、メリット・デメリットを説明すべきですね。

逆に、「申込フォーム」ページで、すでにその商品を申し込もうと思いっている人に対しては、背中を押すためにメリットだけを強調する一文をいれる片面提示がよいです。

ページの内容により、閲覧者の商品に対するモチベーションが違いますので、それを考えた上でライティングを行いましょう。




プロフェッショナルWebライティングプロフェッショナルWebライティング
(2006/10/27)
松下 健次郎

商品詳細を見る

テーマ : 専務ブログ - ジャンル : ビジネス

プレゼン

本日は、K社様とD社様へ訪問させていただきました!


K社様へは、採用サイトのご提案でした。

今回の採用サイトの提案では、弊社の入社1年目の阪本が一生懸命考えてくれました。

前日、前々日から夜遅くまで残り、あーでもない、こーでもないと考え、やっと私からOKがもらえた提案書です。

阪本はいつもニコニコ笑っていて、気がつくと目がトロンとして眠たそうにしているのですが(笑)、がんばりやさんです。

短期間でいろいろと勉強し、提案書に反映しています。

いつも私から専門用語(すでに研修で勉強すみのもの)をいわれると

????

と頭から飛び出ているのですが、それをみると私がいつも

調べなさい!

と言われているせいか、最近はわからない用語が出てくると、ネットで検索し、用語の意味や定義をしっかりとノートにメモしています。

プロにとって業界の専門用語を正確に覚え、正しく会話に使えるのは最低限のことです。

こういった毎日の積み重ねが大きな差になります。



そのせいか、今回のプレゼンは、事前に提案書作成時に私から厳しいツッコミがあったためか、自信を持ってプレゼンをしていただくことができました。

また、提案書を棒読みでなく、適度にまとめ、その他の事例を行間にいれつつ説明することができたのは、事前の調査のおかげです。

そのためお客様から

エクストさんの提案書が一番わかりやすかった!

とおほめの言葉をいただきました!

競合は、大手採用情報提供企業で東証一部に上場している会社と、資本金が100億近い印刷会社様でしたが、弊社の熱意が伝わり、本当によかったです!

阪本さんご苦労様さま!

阪本を含めて、新入社員さん全員本当に頑張っていただいています。この調子でどんどん新しいことに取組み、成長してもらいたいものです。

テーマ : 専務ブログ - ジャンル : ビジネス

デザインの

本日は、D社様との共同事業によるASPサービス開発のためのミーティングです。

今回のミーティングでは、デザイナーの北田がデザインしたロゴを高畑、北田、井上、私の4人で話し合いました!



ロゴは、4案でできたのですが、今回のロゴデザインのコンセプトについて北田から説明がありました。

その後質問や要望をそれぞれあげていきました。

そこで感じたのが、デザインの理論性です。

デザインには、そのデザインがなぜそういう風になったのか必ず理由があります。

なんとなく

ということもあるでしょうが、これは潜在意識の中で、こうなったほうがより美しいという感覚があるためです。

これが美意識というか、デザイン力というかそういったものです。


アーティストなら「あなたがそう感じるならそれが正解」といえるでしょう。

しかし、(商業)デザイナーならクライアントへなぜそうなったのか説明をできないと「なんとなく」では、お金はいただけません。

デザイナーも日頃から潜在意識で思ったことを言語化して伝える訓練が必要です。

それには、まずボキャブラリーを増やさないといけません。



ソムリエの世界では、ワインの味を表すためにさまざまな表現をするそうです。

ソムリエは、ワインの味を説明をした時、人に明確に伝わらなければソムリエ失格です。

ソムリエ自身にしか分からない言葉や表現では、人に味を伝えることができません。

なぜなら、その言葉や表現の意味を理解し、説明をした時、飲んでいるワインと感覚的に結びつかなければならないからです。

そのため専門家だけが理解できるような表現でなく、人が身近に感じられる言葉や表現で説明しないといけません。

そこで、毎日の生活の中で日々小さなことにも気をつけて目を向けて、表現の勉強も欠かさないそうです。



では、デザイナーはどうでしょうか?

同じことが言えると思います。

日々の訓練が重要ですね。



がんばります!

テーマ : 専務ブログ - ジャンル : ビジネス

大きなビジョン

朝から、K様の企画会議。


阪本が作った企画書を確認したのですが、いい感じで企画してくれています。

今までのやり方から、新しいやり方へ改革を提案しています。

新しいやり方や概念は、新しい言葉で説明しないと、それまでの古い言葉では垢がついており、うまく伝わりません。

そこで、今回は新しい言葉で、改革を提案しています。

この言葉がK様に受け入れられるか・・・。

プレゼンが楽しみです!



お昼からは、社長の高畑と一緒にビジョンについてミーティングを行いました。

話していると、現状のエクストの課題がたくさん見えてきます。

2人で、本当にたくさんの失敗をしてきたなぁーと反省した次第です。

過去に「もしも」ということはないのですが、「もしも」ということを考えずにはいれません・・・。

過去をいくら考えても、過去を変えることはできません。

しかし、過去の受け止め方を変えることはできます。

しっかりと過去の反省を生かして将来につなげたいと思います。



話しているうちに、どんな会社にしたいか、どんな夢や志を持って、どんな仕事をして、どんな職場環境で、どれぐらい給料をもらって、どんな仲間と一緒に仕事をしたいか・・・どんどん浮かんできます。

私の経営者の父にいつもいわれるのが

経営者は、右手にロマン、左手にソロバンを持っておかないといけない

といわれています。

ロマンばかりでもダメ、ソロバン(=現実)ばかりでもダメ、両方のバランスが重要だということだと解釈しているのですが、いつもその通りだと思います。

現実は、まだまだ課題の多いエクストですが、その課題ばかりを悲しんでも先には進みません。

課題だけではなく、エクストには多くの良いところがあります。

その良いところをのばすべく、社員さんと一丸となって頑張っていきたいと思います。


がんばります!



勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 ビジネス思考法の基本と実践勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 ビジネス思考法の基本と実践
(2008/06/15)
勝間 和代

商品詳細を見る

テーマ : 専務ブログ - ジャンル : ビジネス

CRM

本日は、高田と私とで東京のN様へお伺いいたしました!


N様は、自然食品・化粧品の販売を全国30店舗ほど展開されています。

今回、電話やFAX、ネットショップなどのお客様へ遠隔で販売するビジネスを統合するために、現在のシステムを改善していくための会議です。

現在の世の中では、お客様への販売チャンネルとして、電話、FAX、インターネットなどの様々なチャンネルがありますが、N様内の業務では、全く別個として扱われています。

また、データの蓄積も別個で行われ、データマイニングを行う上でも、大変な障害になっています。

そのため、今後はデータを1つのデータベースに蓄積し、投稿されたお客様データにより、1人1人に対してきめ細やかなサービスの提供を行っていきたいということでした。

つまり、CRMですね。

CRMとは、Customer Relationship Managementの略で、

情報システムを応用して企業が顧客と長期的な関係を築く手法のこと。詳細な顧客データベースを元に、商品の売買から保守サービス、問い合わせやクレームへの対応など、個々の顧客とのすべてのやり取りを一貫して管理することにより実現する。顧客のニーズにきめ細かく対応することで、顧客の利便性と満足度を高め、顧客を常連客として囲い込んで収益率の極大化をはかることを目的としている。


です。

1人あたりの顧客獲得コストの上昇や、1回あたりの顧客購入単価の低下により、長期的な顧客との関係を構築・維持する必要があります。

CRMは、その構築に一役買うものです。



また、現在の作業を自動化し、より顧客のために時間を使うことができるようにすることで、顧客満足の向上を図ります。

現場を拝見し、よりよい業務を提案したいと思います。

テーマ : 専務ブログ - ジャンル : ビジネス

| ホーム |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。